<< en plus 冬のかご市  | top | インドの刺繍展 - 僕らはそれを我慢できない- バンジャラまつり  >>

かまくら日本みつばちの羽音 展 

 

 

 

 

鎌倉のまちのはずれで日本みつばちと出会ったれいじろうさん。

養蜂家(蜂を養っているのでなく)蜂に養ってもらっているといいます。

 

みつばちに出会い知って行くうちに、だんだんと蜂を通して世界を捉え

考えるようになり、すぐ近くにある自然の大切さ、人間と蜂の密接な関係に

思い至ります。

とてもとても興味深い蜜蜂のこと、蜜蝋や蜂蜜のことを紹介して

いただきます。

 

蜜蝋ラップと蜜蝋バームのワークショップを通しても蜜蜂のことを知っていただく

機会になると思います。

(蜜蝋ラップというのは、布に蜜蝋をしみ込ませて作る、洗って何度も使えるラップ。

 蜜蝋が布に染ませてあるので抗菌作用と張りがあり、手で温めると柔らかくなり形を作ること

 ができます。おにぎりやサンドイッチをつつんだり、ラップのように食品の保存ができます。)|

 

 

以下れいじろうさんより

 

日本みつばちと出会ったのは、葉桜が芽吹きはじめる頃の大仏さんからほど近い

山の畑で手伝いをしていた時のことだ。

何も知識のないまま何となく始めた彼らとの付き合いだったが、

ある日の夕方仕事を終えて畑に行くと

巣から飛び出し出迎えてくれた(とおれは勝手に思っている)たくさんの働き蜂たちが、

愛らしい羽音を響かせながら夕日の中をキラキラと輝き乱舞していた。

彼女たちの中に佇みながら、一人カタルシスを覚えてしまったのだ。

東京育ちの自分が触れた「野性」の音と匂いと生命。

4回目の春はもうすぐだ。
 

れいじろう/ Backyard Beekeepers(アートディレクター / 日本みつばち愛好家)

 

 

2月9日(金)〜 17日(土)

かまくら日本みつばちの羽音 展

 

 

蜜蝋ラップと蜜蝋バームのワークショップ

 

2月11日(日)  10時半から12時半

 

蜜蝋ラップ2枚と蜜蝋バームを作ります。

材料費と日本蜜蜂のハチミツに合うおやつ付とお茶つき

参加費  ¥3500

 

 

蜜蝋ラップのワークショップ

2月14日(水) 11時から12時くらい

   

   16日(金) 12時から13時くらい

 

材料費とお茶つき

参加費  ¥2500

 

ご予約先:fabric camp

電話 0467-24-9000

mail;  fabriccampworkshop@gmail.com

 

またはFacebook メッセンジャー、instagram DM にて。

 

open  10:00 ~ 17:00

木曜、日曜 定休

 

*万が一キャンセルされます場合は開催の3日前までにご連絡ください。
それ以降のキャンセルについては料金が発生しますので予めご了承ください。

fabric-camp | イベント  | 20:26 | - | - | - | - |
ブログパーツUL5

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH