<< WELT conversation per-fume のおしらせ | top | かまくら日本みつばちの羽音 展  >>

en plus 冬のかご市 

 

 

オンプリュの志保さんから届いた写真を見て、

伝わってくる温度に、つい半年前の夏が懐かしいくらい遠くに行ってしまって

いることに気がついた。

 

志保さんはケニアに行って直接生産者さんに頼んでかごを作っている。

ため息の出るようなたいへんなこともたくさん。

わたしのバスケットのワークショップで使うサイザルのかごは

志保さんにお願いしている。

ワークショップでかごを手に取って、さらに手を加えようとすると、

編み手によって違う編み方の具合やそれによって生ずるサイズの違いなどが

実感として伝わる。

 

とても鮮やかな色で、綺麗に編まれているので、遠くアフリカから届いた

手仕事だということがなんだか伝わりにくくなっているのかもと思う。

ダークになりがちな冬に、太陽を思い出す色のかごを持つのもいいな。

志保さんは冬用のバスケットをたくさん用意してくれるそうです。

 

 

en plus   冬のかご市

 

1月26日(金) から 2月3日(土)

10:00  ~  17:00

木曜、日曜 定休

 

1月25日(木)に サイザルバスケットのカスタムワークショップをひらきます。

        

fabric camp の布を使ってベースのサイザルバスケットのふちを色どり、

好きな長さの持ち手をつくります。テープやリボンなどを使っても。

      

10:30〜12:30

参加費 ¥5500から(材料費込み、お茶とお菓子付き)

バスケットはいろいろなサイズと色の中からお好きなものを

お選びいただきます。バスケットのサイズによって+があります。

 

お電話にてお申し込みください。

 

0467ー24−9000

 

fabric  camp

鎌倉市雪ノ下1ー16ー23

mail;   info@fabric-camp.jp

 

     

        

fabric-camp | お祭り | 08:59 | - | - | - | - |
ブログパーツUL5

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH