海染め山染め研究発表会 中村未来と小山千夏

 

ちょうどきらきらと美しい春のころ お店は予約制にして

もちろんほとんどお客様もないので、ふいに自由な時間が増えたのだった。

こんなに気持ちの良い季節に!

ある日裏庭にたわわに咲いている春の花で染めようと思いつき、

着古したシルクのブラウスに花を並べたのが始まりだった。

それがビギナーズラック的にすんなりうまく染まったのでした。

 

それから裏山から採った実や花を並べ、お店からの帰り道端で拾ったり、

お庭にたくさんの花を育てている友人に頼んで摘み取った花を送ってもらい、

お花屋さんの友達に廃棄してしまう花を送ってもらい、

日記をつけるように植物を並べて染めた。

 

中村未来さんはその頃カディを買いに来てくれて

話をしたら、やっぱり染めているという。

海の近くにお家があるのでタコ漁師さんを手伝ううちに、茹でたタコの茹で汁も

もったいなく思ってこれで染めてみようと思ったそうで、

その発想にまずびっくりしたし楽しくなった。

聞いているとやっぱりものすごい勢いと情熱で染めに向かっている。

タコ染めで新しい工芸を作りたいようなことも言っていた。面白い。

そんな版画家の未来さんと二人で海染め山染め研究発表会を開きます。

少しお洋服に仕立てたものを並びます。

 

 

10月23日金曜から11月1日日曜。

海染め山染め研究発表会

 

24日にワークショップ 午前 海染め  午後 山染め

(近日中にInstagramとFacebookで詳細をお知らせします)

 

OPEN  10:30〜16:30

火木土曜日定休

混み合う時間は入店をお待ちいただく場合がございます。

 

fabric  camp

 

鎌倉市雪ノ下1-16-23
0467ー24−9000

mail:  fabriccamp.online@gmail.com

オンラインストア http://fabriccamp.thebase.in

 

Facebook、instagram ではもう少し頻繁にお知らせをしています。

 

fabric-camp | お祭り | 14:47 | - | - | - | - |

坂本真衣子さんの手帳まつり

 

今年も、来年の手帖のことを考える、そんな時期になりました。

毎年早い早いと言っているけれど、今年はまた別の感覚があって。

でも先のことがよくわからないこの状況でも

毎年楽しみに使ってくださる方がいらっしゃるので、

来年は必ずやってきます。

良い年になることを願って、今年も手帖まつりを開きます。

 

 

坂本真衣子さんの手帖まつり

 

9月27日(日)から 10月5日(月) まで

 

坂本さんオリジナルの手帳のほか、表紙の張り替えやノートブック、

写真たてやカルトンもお好きな生地でオーダーいただけます。

 

お時間によって混み合う場合、

入店をお待ちいただくことがあります。

また入店の際にマスクの着用と手指の消毒を

お願いいたします。

 

 

fabric  camp

 

オープン 10:30〜16:30

火木土曜日 定休

 

鎌倉市雪ノ下1-16-23
0467ー24−9000

mail:  fabriccamp.online@gmail.com

オンラインストア http://fabriccamp.thebase.in

 

Facebook、instagram ではもう少し頻繁にお知らせをしています。

 

fabric-camp | お祭り | 20:12 | - | - | - | - |

CALICO とMAKU textiles

 

                                                                        

やっぱり今年もCalico とmaku が鎌倉にやって来ます。

由比ヶ浜の招山(calico)と雪の下の fabric camp(maku textiles)、

今回も2箇所同時開催です。

 

春の予定が延期となって、でもまだ暑さの残るこの時期に開くことができて

よかった。

 

インドと日本を隣町のように行き来していたcalico の小林史江さんも、

コロナの状況で新たな動き方を実践されていくことと思います。

素晴らしいインドの手仕事の布を届けてくださること、

本当にありがたいな。ふみえさんがいないと困る。

わたしはもうカディがないと生きていけないほど、

常に身につけその心地よさを味わっているので。

 

 

CAliCO + maku textiles

 

9月4日(金)から13日(日)

 

fabric camp ではmaku textiles をご紹介します。

 

お時間によって混み合う場合、

入店をお待ちいただくことがあります。

また入店の際にマスクの着用と手指の消毒を

お願いいたします。

 

 

fabric  camp

 

オープン 10:30〜16:30

火木土曜日 定休

 

鎌倉市雪ノ下1-16-23
0467ー24−9000

mail:  fabriccamp.online@gmail.com

オンラインストア http://fabriccamp.thebase.in

 

Facebook、instagram ではもう少し頻繁にお知らせをしています。

 

fabric-camp | お祭り | 22:13 | - | - | - | - |

夏休みと 高橋彩子さんの大バッチ夏まつり 

 

夏本番。長かった梅雨があっというまに遠くなる。

まず夏休みのお知らせから。

8月15日(土)から20日(木)夏休みをいただきます。

オンラインストアでのご注文は可能ですが、発送は22日より順番にいたします。

 

さて夏休み明けいきなりのエンジン全開が

高橋彩子さんの大バッチ夏まつり。

8月21日(金)から31日(月)まで。

 

準備が出来次第オンラインストアでもご紹介する予定ですので

どうぞお楽しみに。

この細胞核のような写真は彩子さんより大バッチ(イメージ)です。

壁やドア、もしかして床の間や天井からぶら下げる、など、

胸元につけるには大きすぎるのが大バッチ。

通常サイズ(胸元用)ももちろん届きますので、

ご安心ください。

この、こんな今年、どんなバッチを選ぶのか、わたし。

 

お時間によって混み合うことがありましたら、しばらく入店を

お待ちいただくことがあります。

また入店の際にマスクの着用と手指の消毒を

お願いいたします。

 

 

fabric  camp

 

オープン 10:30〜16:30

火木土曜日 定休

 

鎌倉市雪ノ下1-16-23
0467ー24−9000

mail:  fabriccamp.online@gmail.com

オンラインストア http://fabriccamp.thebase.in

 

Facebook、instagram ではもう少し頻繁にお知らせをしています。

 

fabric-camp | お祭り | 13:23 | - | - | - | - |

友美さんとしもえさん 春のオーダー会

 

今年は春が早くて少し心配になる。

 

いつも fabric camp のオリジナルのパターンを作ってくれている

三橋友美さんとしもえじゅんさん。

おもしろいけど二人はとても違っていて楽しい。

ふわっとかわいい友美さんの服、

マニッシュなものに惹かれるというしもえさんの服。

 

ふたりのオリジナルのドレスのオーダー会を開きます。

いつもの fabric  camp のドレスとまた一味違う

二人の世界をご覧ください。

作品に作った人が現れるんだなとしみじみ思います。

そのままお買い求めいただけるものの他、いつものように

お好きな生地を選んでオーダーもしていただけます。

 

フォーマル用の生地も入荷しましたので、よかったらご覧ください。

やっぱり真っ黒の生地や服の存在感がちょっと別次元のようなので、

これから年に2回くらい(または1度)生地のある時にフォーマルの

オーダーは受けることにしようと考えています。

 

 

友美さんとしもえさんのオーダー会

 

2020 3月1日(日)から10日(火曜)

 

fabric  camp

 

鎌倉市雪ノ下1-16-23
open  10:00 ~ 17:00

0467ー24−9000

 

水曜日、土曜日 定休

 

 

Facebook、instagram ではもう少し頻繁にお知らせをしています。

 

fabric-camp | お祭り | 22:45 | - | - | - | - |

HUNTER'S BAR at fabric camp

 

前回のHUNTER'S  BAR  の時登場したこのキャラクター、

古代エジプト神話に出てくるメジェドに似てると言われているらしい。

本当はおばけに扮したメンフクなんだけど。

わたしは今一番メジェドメンフクが気になっている。

 

作者の野田好美さんは古道具屋でアーティスト。

ライフワークのように描き続けているのがHUNTER'S  BAR というシリーズで

登場する様々な個性的なキャラクターとそのストーリーを、

いかした野田さんに説明してもらうのがつまりHUNTER'S  BARだと思う。

 

わかりにくくて毎回説明が必要で、そろそろめんどくさいから早くウィキペディアに

載せて欲しいと心から願っている。

でも1度味わってしまうとまた来たくなるのが HUNTER'S  BAR 。

 

新しいキャラクターグッズを選ぶほか、fabric camp の布にキャラクターを

シルクスクリーンでプリントしてもらったり。

 

HUNTER'S  BAR  at  fabric camp

 

2020  1月20日月曜から 27日月曜まで

 

 

fabric  camp

 

鎌倉市雪ノ下1-16-23
open  10:00 ~ 17:00

0467ー24−9000

 

水曜日、土曜日 定休

 

 

Facebook、instagram ではもう少し頻繁にお知らせをしています。

 

 

fabric-camp | お祭り | 23:10 | - | - | - | - |

2019 クリスマスまつり

 

クリスマスまつり

美味しいもの 美しいもの よい香りのもの

 

2019年 最後のひと月を楽しく過ごせますように

 

12月1日(日)から17日(火)


 

12月1日から

クリスマスのスワッグとガーランド(レイ)  ミドリヤ  イワサキユカ      

ぬいぐるみ                  梅山勝太

日本蜜蜂の蜜蝋バーム、ラップ、はちみつ    大庭零士郎

香り                     WELT

瓶詰め                    波羅蜜  根本きこ

 

8日(日)から

お餅、きな粉など                蒜山耕藝

焼き菓子                    HUGTREE

 

13日(金)

天然酵母パン(13日お昼に届きます)       madomado  kitchen

素材を大切に作ったお豆腐セット        豆吉

(予約制 13日お昼からのお渡し)

 

15日(日)

愛とスパイスのランチボックス         スパイスは愛と無邪気 フーヤン  

(予約制 15日お昼に届きます)                   ハタナカイクヨ

焼き菓子                   toricot        赤城みちこ

 

 

税率の変更によりお会計の混乱を避けるため食品は分けて届きます。

豆吉とフーヤンは予約制になります。詳細は近日中に instagram と  facebook  

でお知らせします。

 

 

fabric  camp

 

鎌倉市雪ノ下1-16-23
open  10:00 ~ 17:00

0467ー24−9000

 

9月より 水曜日、土曜日 定休に 

変更になりました。

 

Facebook、instagram ではもう少し頻繁にお知らせをしています。

fabric-camp | お祭り | 17:07 | - | - | - | - |

秋のMAKU とCALICO 展

 

毎年春 インドの美しい手仕事 CALICO と MAKU をご紹介していますが、

今年は初めて秋冬ものをご紹介できることになりました。

 

インドといえばカディコットンに代表される薄く軽く 

猛暑を忘れてしまうようなどこまでも心地よい布。

秋冬ものにはどんな世界が現れるのかドキドキ待ち焦がれています。

 

Calicoさん はインドのカッチ地方で職人さんたちとともに

手織りのウールを時間をかけて作っているそう。

コートなども少し到着するようです。

素材もコットンだけではなくシルクを組み合わせたり、

年末から年始、卒業式など少し改まった席にもぴったり、とてもいいです。

 

 

秋 のMAKU と CALICO 展

 

10月27日(日)から11月8日(金)まで

水曜と土曜は定休日

10時から17時

DM には11時から17時となっていますが通常通りです。

 

 

また招山 umi では10月27、28、29日 春夏物の受注会が開かれます。 

こちらは11時から17時まで。

 

 

fabric  camp

 

鎌倉市雪ノ下1-16-23
open  10:00 ~ 17:00

0467ー24−9000

 

9月より 水曜日、土曜日 定休に 

変更になりました。

 

Facebook、instagram ではもう少し頻繁にお知らせをしています。

 

 

 

 

fabric-camp | お祭り | 22:40 | - | - | - | - |

duplex の 毛糸まつり

赤トンボと競争するみたいに自転車を漕ぐ朝。

編み物好きの方々は今年は何を編もうかワクワク計画をしている頃かな。

今年もduplex の毛糸まつりを開きます。

 

まきえさんは世界にはどのくらい太い毛糸があるんだろうと、ふと思いついて探してみたことから

どんどんその深くて広いふかふかの楽しい世界にはまって毛糸屋さんになったそう。

そんなまきえさんの毛糸まわりのお話は興味深く楽しくて、

もちろん糸も本当に素敵なものばかり。

去年はかわいい靴下用の糸がとても人気でした。

 

 

写真の糸を使って編むカゴみたいなバッグのワークショップも開きます。

写真ではよくわからないかもしれません、すごく太い糸で編むので

2時間半くらいで出来上がるそうです。

 

duplex の毛糸まつり

 

10月13日(日)から 22日(火)

 

極太の糸で編むカゴバッグのワークショップ

10月16日水曜  10時から12時半

参加費  ¥6800   (材料費 お茶とお菓子つき)

 

お申し込みは

mail.   fabriccampworkshop@gmail.com

お問い合わせは fabric camp まで

 

 

 

fabric  camp

 

鎌倉市雪ノ下1-16-23
open  10:00 ~ 17:00

0467ー24−9000

 

9月より 水曜日、土曜日 定休に 

変更になりました。

 

Facebook、instagram ではもう少し頻繁にお知らせをしています。

 

 

 

fabric-camp | お祭り | 11:17 | - | - | - | - |

坂本真衣子さんの手帳まつり

 

台風がいくつかきて秋になる。

ちょっと経験したことないくらいの台風が、夜の間に通過した。

大好きな柳の木が折れてしまったり、トンネルが崩れてしまったり、

自然の力の前にできること あまりないんだなと

改めて思う。

 

毎年楽しみにオーダーに来てくださる方も多い坂本さんの

手帳まつり。

気候が変わってきても、やっぱりひとつの指針となる暦。

良い年になるように願いながら来年の1冊を選べること。

 

 

fabric  camp  の生地をえらんで オリジナルの手帳のほか、

いつもお使いの手帳の仕立なおし、

カルトン(紙挟み)や写真たてなどのオーダーも

受けてもらえます。

詳しくは直接お問い合わせください。

 

 

坂本真衣子さんの手帳まつり

9月22日日曜日から  10月1日火曜日

 

 

fabric  camp

 

鎌倉市雪ノ下1-16-23
open  10:00 ~ 17:00

0467ー24−9000

 

9月より 水曜日、土曜日 定休に 

変更になりました。

 

Facebook、instagram ではもう少し頻繁にお知らせをしています。

 

 

 

 

 

fabric-camp | お祭り | 09:51 | - | - | - | - |
ブログパーツUL5
1/12PAGES | >> |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH