タラブックス 水のいきもの 展

 

インドの出版社 タラブックス。

数年前から各地を巡回している展覧会を見に行かれた方も

多いと思います。

fabric  camp で扱うインドの布と同様に、今もすばらしい手の仕事が

大切に行われているインドだからこその本づくり。

 

ある日、古くからの知り合いがお店にやって来て、タラブックスの

「水の生きもの」をこの小さなお店でご紹介することになりました。

おもしろいな。

楽しい色がとても美しいタラブックスのアートプリントと

たくさんのファンがいるというフルークペーパー(試し刷りの1点もの)

もやってきます。

 

年始までタラブックスの展覧会をしていたクレマチスの丘 ビュフェ美術館で

行ったワークショップをやっと自分のところでもしようと思います。

 

 

タラブックス 水の生きもの展

3月1日(金)から 9日(土)

 

 

インドのノートにインドの布を貼ってモザイクノートを作るワークショップ

 

3月7日(木) 午前  10:30〜 12:00

         午後  14: 00 〜 15 : 30

 

参加費 3000円  材料費、お茶をふくみます。

 

 

ご希望の時間と人数、ご連絡先を明記して

 

fabriccampworkshop@gmail.com

 

までお申し込みください。

 

 

 

 

fabric  camp

 

鎌倉市雪ノ下1-16-23
open  10:00 ~ 17:00

 

木曜、日曜 定休

 

0467ー24−9000

 

 

Facebook、instagram ではもう少し頻繁にお知らせをしています。

 

 

fabric-camp | イベント  | 22:32 | - | - | - | - |

HO HO HO ふねとふく tamaken + えみんぱく ふうふ展

 

立春。

ほんとに春がやって来たような一日。

また ふねとふくのお知らせをすることができてうれしい。

SNS ではすでに何度かお知らせをしていますが。

 

今年のふねは帆を張っているのもあるって。

ふくも帆を張っているの?と聞いたら、そんなつもりは

なくはないけど、いつものように HO  HO  HO と。

 

もしかしたら fabric  camp  のカディやそのほかの

すてきなインドからきた生地の帆もあるかも。

それも楽しみ。

 

遠いような近いような、近くて遠いような星ヶ丘。

わたしの大切な場所から、

草と風の香りのふたりがやってくる。

 

 

HO  HO  HO   ふねとふく  

tamaken  と えみんぱく 夫婦展

 

2月18日(月)から 23日(土)

 

 

fabric  camp

 

鎌倉市雪ノ下1-16-23
open  10:00 ~ 17:00

 

木曜、日曜 定休

 

0467ー24−9000

 

 

Facebook、instagram ではもう少し頻繁にお知らせをしています。

 

 

fabric-camp | お祭り | 20:17 | - | - | - | - |

タカハシサエコ メキシコ呪術まつり お守りワークショップ 

 

去年、サエコさんは久しぶりにメキシコに行くと決めていて、

隠しきれないドキドキやよろこびをわたしも近くで見てた。

その遠い国にもうひとつ居場所を持っていること、

意識をメキシコに切り替えられることって素敵だな。

 

わたしは行ったことのない、あこがれのメキシコの話を聞いている時、

呪術市場があるということを聞いて、すぐ呪術まつりをしよう!と

言っていました。

途中で入国審査にひっかかったら?などいらぬ心配もしたりして

無事にこの日を迎えられてうれしい。

 

まだ写真だけだけど、写真を見ただけでどきどきするくらいのものを

さすがサエコ、揃えてくれている。

 

だれかの大切なものだけど、ある人には全然いらないもの、

だれかの想いのこもっているもの。

サエコさんのバッチももちろん、まじないがかかっている。

 

タカハシサエコ メキシコ呪術まつり

 

1月25日(金)から 2月2日(土)

 

1月31日(木)にメキシコ風 お守りワークショップをひらきます。

いつも通り自由。

 

 

メキシコ風お守りづくりワークショップ

miragro(メキシコの小さなお守りのチャームのようなもの)と、

どこかにお守りのタネを入れること。このふたつを守っていただければ

かたちは自由、付け方も入れ方も自由。

巾着型にしても首からぶら下がる仕様にしても、バッチにしてもOK!

 

 

1月31日(木)

 

AM  10時半から 12時半

 

PM   14時から16時

 

参加費 5000円

メキシコより直送の材料、お茶 を含みます

 

お申し込みは

mail  : fabriccampworkshop@gmail.com

鷙  0467-24-9000

 

ご希望の時間、参加人数、ご連絡先電話番号

をお知らせください。

 

 

サエコさんより。

 

メキシコにある呪術市場やおまじないのお店から、fabric campに許されるかぎりの

ちょっとした恋の媚薬をもって帰ってきました。

ちょっと不思議だけどユーモアのあるものを。

もちろんそれらには遠く及ばないけれどメキシコ愛をたくさん詰め込んだ

つものバッチも並べます。

Viva México! Viva fabric camp! Viva la Bacchi!

長雨、猛暑。今年はどんな天気が迎えてくれるだろう。

2019年もよろしくおねがいします。
 

 

fabric  camp

 

鎌倉市雪ノ下1-16-23
open  10:00 ~ 17:00

 

木曜、日曜 定休

 

0467ー24−9000

 

 

Facebook、instagram ではもう少し頻繁にお知らせをしています。

fabric-camp | お祭り | 12:25 | - | - | - | - |

とり交わす冬〜日本とインドの野鳥たち  バードチューニングへのおさそい

 

かなり強力な鳥好きが、何人かわたしのまわりにいますが、

株式会社鳥 って名乗るほど本気で鳥を愛するスズメ社鳥が

fabric  camp に来てくれます。

遠く離れたインドの布を扱うfabric  camp ですが、

遠くても共通してそばにいる野鳥を紹介してくださるそう。

 

ワークショップも2種類。

バードウォッチングの入門ともいえそうな、バードチューニング。

先日、一緒にフィールドワークの下見(散歩)に行った時も、

愛らしいだけでなくおもしろくびっくりするような鳥たちの生態を

あれこれどんどん聞けてほんとうに楽しかった!

 

鳥愛好家の方はもちろん、わたしのように好意を持って興味をいだいている方、

ほとんど意識したことない方も、身近にいる野生、鳥たちにどうやってチューニング

するともっとよく見えてくるか、散歩しながら教わりましょう。

 

もうひとつの楽しみなワークショップはこの写真のスズメ社長の肩にとまっている

肩チュンの絵つけです。

これも社鳥の意向でそれぞれ本物の鳥を図鑑などで確認しながら色をつけていきます。

何羽も色つけしたくなっちゃいますね。

 

あれこれわかりにくいかもしれませんが、メール、お電話で

お問い合わせください。

 

fabric  camp

0467-24-9000

fabriccampworkshop@gmail.com

 

 

 

とり交わす冬
〜日本とインドの野鳥たち〜

野鳥をモチーフにした、株式会社鳥オリジナルのアイテムが集まります。
今回は日本とインドで共通する野鳥たちを中心にすえ、それぞれの国の特徴になるような

野鳥もとり揃えます。

●1/11金、12土、14月、19土
「肩チュンbird絵付けWS 」

 

白いフィギュアに絵付けをするワークショップです。磁石が入っているのでいろんなところ

にディスプレイできます。そしてセットの缶バッチを服につければ、チュン!とくっつき、肩にとまらせることができます!
サイズは2つ。

①じつぶチュン 
予約のみ
スズメの実物大サイズ。水彩絵の具で着色致します。予約時にポーズなどお好みを伺い製作します。
所要時間60分

 

②しゃりチュン 
随時受付、予約可
お寿司のしゃりくらいのサイズ。簡単バージョン。イラスト用のペンで着色します。在庫の中から好きなポーズをお選びください。

▼ 集合時間|開始10分前
▼ 集合場所|ファブリックキャンプ
▼ 所要時間|①60分②30分
▼ ガイド|株式会社 鳥
▼ 料金|①4980円②1980円
▼ 定員|同時間4名
▼ 対象年齢|親子参加なら2歳半くらいから
▼ 注意点|持ち物は特にありません
▼ 予約|fabriccampworkshop@gmail.com
▽ 件名|肩チュンbird
▽ 本文|参加希望日時/①or②/氏名 / 人数 / 電話番号


●定休日イベント
野鳥観察会 
「バード・チューニング」

お店周辺を散歩します。ゆったり楽しみながら、ちょっと鳥の説明も。少人数なのでお子さんがいて

お気軽にご参加ください。

“tuning”とは「調整する」「同調する」という意味の英単語。バード・ウォッチングという意識だと、

つい目に頼りがちです。

の姿を見るだけでなく、声を聞いたり、暮らしぶりを想像したり。

野鳥はどこにでもいるからこそ、彼らに身体や気持ちのダイヤルを合わせていけたら、どこにいてもきっと楽しいと思います。
寒さもありますので、実際に外にいるのは1時間程度の予定です。
ご参加いただいた方には、お好きな「肩チュンbird(2,000円相当)」をプレゼント致します。

肩チュンしながら散歩をしたら、本物の野鳥たちもとまってくれるかもしれません。
※雨天は室内で肩チュンbirdづくりWSになります。

1/17
A 午前 10:30-12:00
B 午後 14:00-15:30

1/20
C 午前 10:30-12:00
D 午後 14:00-15:30

▼ 集合時間|開始10分前
▼ 集合場所|ファブリックキャンプ
▼ 所要時間|90分間
▼ ガイド|株式会社 鳥
▼ 料金|3980円[小学生以下無料]
▼ 定員|10名[予約制]
▼ 対象年齢|親子参加なら2歳半くらいから
▼ 注意点|持ち物は特にありません
▼ 予約|fabriccampworkshop@gmail.com
▽ 件名|バード・チューニング
▽ 本文|参加希望日時A-D/氏名 / 人数 / 電話番号/お好きな野鳥

 

 

fabric  camp

 

鎌倉市雪ノ下1-16-23
open  10:00 ~ 17:00

 

2018年12月30日から新年1月4日まで冬休み、

2019年1月5日より通常通りオープンいたします。

 

木曜、日曜 定休

 

0467ー24−9000

 

 

Facebook、instagram ではもう少し頻繁にお知らせをしています。

 

 

fabric-camp | イベント  | 15:37 | - | - | - | - |

シンプルなお正月飾りとお花市  年末年始のお知らせ

 

1年中カレンダーに追い越され気味に並走しているわたしは

年末のようにはっきりした区切りが近づいてきて

ちょっとあせっています。

 

お知らせが遅くなりましたが、12月は23日の定休日から26日までをお休みして、

27日(木)から29日(土)に、るみさんのシンプルなお正月飾りとお花市をひらきます。

昨年末にひらいた感じがとてもよかったのです。

年末の慌ただしい街中から一歩離れて、ひっそりと綺麗なお花や清々しい松と

お待ちしています。

 

るみさんはお店は持たないお花屋さんですが、選んでくれたお花が

とてもよいもので、わたしの蝋梅は2月いっぱいくらい長持ちしました。

なんだかうちにはあまりきらきら豪華なお飾りが似合わないから、という方もぜひ。

 

ご自分で作るワークショップもあります。

お昼から15時半くらいまで。ふらりとご参加ください。

選ぶ花材によって2000円くらいから。

 

 

年始は1月5日(土曜)から通常通りの営業になります。

2019年は1月11日から株式会社鳥さんのおもしろいイベントが始まります。

ぜひお楽しみに。

 

 

 

fabric-camp | お祭り | 11:59 | - | - | - | - |

クリスマスに関するまつり  2件。

 

仕事場と家と、都会のきらきらとは無縁な鎌倉を

うろうろしているだけなので、全然実感がわかないけれど

今年もあとひと月。

 

今年もfabric  camp  のクリスマスまつりと

cafe  dimanche のクリスマスの装飾をします。

 

fabric  camp  の クリスマスまつり

美しいもの美味しいものよい香りのもの

12月3日(月)〜 15日(土)

MIDORIYAMA     岩崎有加           スワッグ
toricot   赤城美知子           焼き菓子 (12月3日、7日)
madomado kitchen  鎌田利恵        天然酵母のパン (12月7日、14日)
BAKEROMI               焼き菓子 (12月10日、14日)
HUGTREE               焼き菓子
蒜山耕藝                お餅、おかき
波羅蜜  根本きこ             瓶詰め
亜細亜食堂cago 香内りつこ        瓶詰め

豆吉                 お豆腐、がんもなど(12月7日、14日)
梅山勝太                  stuffed  animals
大庭零士郎                 蜜蝋バーム とキャンドル
(会期中に蜜蝋のワークショップもあります)
WELT                  香り


12月末、落合るみさんのお正月のお飾りワークショップ。

昨年とても好評だったお正月用の 生花、松もご用意していただきます。
詳しい日程は改めてお知らせします。
 

 

20年以上続けている cafe  dimanche のクリスマスの装飾 は

12月7日(金)からはじまります。

今年はクリスマスの羽根。

日々瞑想のように作っております。

ぜひ美味しいコーヒーとともにクリスマス前のひとときをお楽しみください。

https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14002141/

 

fabric-camp | お祭り | 21:38 | - | - | - | - |

WARM AND SMILING Tissage と  Rinn to hitsuji

 

 

 

寒いのが苦手で、だいぶ動きが鈍くなってしまうわたしも、

冬本番直前の今頃は、まだ寒さも新鮮で色づく山や高い空、

久しぶりのニットやウールを身につけるのも

楽しいひとときです。

 

この美しい季節、わたしの中にきっとみんなの中に、

とびきりのあたたかな光を灯すものをつくりだす、

大好きなおふたりが fabric  camp に来てくれます。

しあわせ。

小さくてもしっかりとした意志をもつ光を

感じてくださいね。

 

 

Tissage        ティサージ          りさこさんはカシミアの織り ストールやマフラー

Rinn to hitsuji     リントヒトスジ  りえさんは蜜蝋など自然の素材でつくる蝋燭

 

りさこさんは小さい男の子のおかあさんで、まだ織りの仕事を本格的に

再開していないのですが、すこしだけでも、とお願いしました。

わたしはりさこさんの織った小さなマフラーを持っていますが、

他の大きなカシミアのストールよりもずっーとあたたかい。

手織りってすごいって実感するのです。

 

去年クリスマスまつりでもご紹介した蜜蝋の神さんキャンドルは

りえさんの手によるもの。

はじめて見たときのショックを覚えています。

みんなが惹きつけられてしまう魅力を持った造形。

型から全てがりえさんの手作りです。

神さんにはやっぱり火をつけることはできません。

 


WARM  AND  SMILING
Tissage   +  rinntohitsuji
11月23日㊗️〜 28日(水)

23日祝、24日土  mini  cafe 

          りさこさんが飲み物を用意してくだいます。

 

 

 

fabric  camp

 

鎌倉市雪ノ下1-16-23
open  10:00 ~ 17:00
木曜、日曜 定休

 

0467ー24−9000

 

 

Facebook、instagram ではもう少し頻繁にお知らせをしています。

 

 

 

 

 

fabric-camp | お祭り | 08:55 | - | - | - | - |

Knitting journey duplex の毛糸まつり  

 

毛糸のオンラインストアをしている下山さんから、ポルトガルの糸を扱っている

と聞いてもピンときませんでした。

たぶん多くのみなさんもそうだと思う。

でも見せてもらった糸は、ものすごくかわいくて

手紡ぎや手染めもあったり、ナチュラルなものも、

またファンキーなものも。

 

またポルトガルは意外なくらい昔ながらの手仕事が大切にされていて、

それから忘れてはならない羊もたくさん住んでいるそう。

なによりニットの仕事をずっとされてきた下山さんの毛糸愛によって

集められた糸だから、すごく素敵なんだと思う。

 

ポルトガルの糸だけではなく、他の国の糸も

それから羊のミルクを使ったビーントゥバーのチョコも届くそう。

 

わたし、もう何年も編み物をできていないけれど、

糸を選んで久しぶりにこの冬は編み物しようと心に決めた。

 

Knitting  Journey Duplex の毛糸まつり

 

11月12日(月)から 21日(水) 

 

極太の毛糸で編むリースのワークショップ

 

11月 19日(月) と 20日(火)  10:30から12:00

    21日(水)           13:30から15:00 

 

参加費  材料費とお茶 ¥3500

 

お申し込みは fabric  camp  電話 0467ー24−9000  

                                         mail  :  fabriccampworkshop@gmail.com

 

 

fabric  camp

 

鎌倉市雪ノ下1-16-23
open  10:00 ~ 17:00
木曜、日曜 定休

 

0467ー24−9000

 

 

Facebook、instagram ではもう少し頻繁にお知らせをしています。

 

 

 

 

fabric-camp | お祭り | 09:57 | - | - | - | - |

HUNTER'S BAR + fabric camp with gururi

 

                                                                   作者近影 photo  M  Morikage

 

久しぶりにハンターズバーがやってくる!

不思議なキャラクターが夜な夜な集まるバー。

作者、野田好美さんによって、墨一色で描かれたシリーズ。

静かなる喧噪。

fabric  camp でもコアなファンが心待ちにしているおまつりです。

 

カディにシルクスクリーンでキャラクターをプリントしたストール。

革にプリントして古いスツールの座面を張り替えたり。

そんな中に幼なじみの実家のおかきも売っていたり。

なにより野田さんがいかしている。

この写真は先日京都での展示のおりに立ち寄った、

パリよりパリ、イノダコーヒー本店。

でも野田さんが座ると、まるでそこは HUNTER'S  BAR  。

 

 

作者の野田さんは主に骨董市で活動する古物商でもあり、

今回は古道具仲間のグルリさんをゲストに迎える。

グルリさんは襤褸をはじめ日本の古い布ものに強いと聞いている。

布マニアとしてはこれもすごく楽しみ。

 

HUNTER' S  BAR   +  fabric  camp   with  GURURI

11月2日(金)から 10日(土)

 

 

fabric  camp

 

鎌倉市雪ノ下1-16-23
open  10:00 ~ 17:00
木曜、日曜 定休

 

0467ー24−9000

 

 

Facebook、instagram ではもう少し頻繁にお知らせをしています。

 

 

fabric-camp | お祭り | 01:57 | - | - | - | - |

小原聖子 真鍮の首飾りまつり

 

くびかざり、すこしなつかしい響き。

発掘された古い時代の大切なかけらのような

小原聖子さんの真鍮のモチーフ。

技法のことはわからないけれど、たくさんの小さいパーツのどれも聖子さんで、

ちっともぶれがない。だいすき。

 

真鍮だけではなく、それをつなぐ紐の重要さも作り手だからこそ

同じように、そのクオリティが真鍮に追いつかないと

もうもったいない。

だから紐も

あらゆることを試して実験みたいにいろいろしていると思う。

今回は、絹とか麻を素材に編んだり巻いたりした紐を使ったものも

真鍮を繋げたものもあるそう。

 

ブローチやピアスももちろん届きます。

セーターやコートにあわせるのも楽しみ。

 

 

小原聖子さんの 

真鍮の首飾りまつり

 

10月19日(金)から 27日(土)

 

 

fabric  camp

 

鎌倉市雪ノ下1-16-23
open  10:00 ~ 17:00
木曜、日曜 定休

0467ー24−9000

 

 

Facebook、instagram ではもう少し頻繁にお知らせをしています。

fabric-camp | お祭り | 10:00 | - | - | - | - |
ブログパーツUL5
1/17PAGES | >> |

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH